歪みで太くなる?骨盤矯正をして脚やせする4つの方法


 

著者:伊藤 出パーソナルトレーナー / IDEALSTYLE代表

パーソナルトレーナー歴11年|元三笠宮寛仁親王殿下のパーソナルトレーナーであった魚住廣信名誉教授に師事|指導経歴:宝塚歌劇団員・三菱重工神戸野球部員・ボクシングミニマム級5位など|アスリートフードマイスター&元板前。

TwitterYouTube無料体験のお申込        
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

骨盤に歪みがあると、片側の脚などにストレスがかかり、それが原因で脚が太くなることがあります。

骨盤周辺を整え、歪みや捻じれを改善することで、何をしても変わらなかった脚も細くなるかもしれません。

この記事では、

  • 骨盤が歪むことで脚が太くなる理由
  • 骨盤矯正をして脚やせする4つの方法

などを解説します。

 

骨盤が歪むことで脚が太くなる理由

骨盤が歪むと脚が太くなる理由は、以下の通りです。

脚の特定部分にストレスがかかる

人間が本来自然に立てると、以下のように左右対称の状態に立てます。

横から見ると、このような状態ですね。

こういう状態で立てると、上半身などの重さは踝真下に抜け、骨で立つような状態になります。

そうすると、脚の筋肉に過度なストレスがかからず、食べ過ぎなどがなければ特別太くなることはありません。

ただ、以下のように骨盤が歪んだり体幹を捻ったような状態になると、脚の特定の部分にストレスがかかります。

上記の画像では【左側】に体重が偏った状態になり、このまま過ごせば左脚の方が太くなる可能性があります。

このように、身体の中心部にある骨盤が歪んでしまうと、脚が太くなってしまう可能性があるんですね。

では、なぜこのように骨盤が歪んでしまうのでしょうか?

骨盤が歪んでしまう原因

ほとんどの場合、何気なく過ごす日常生活での“姿勢”や“動作”の癖の問題が考えられます。

例を挙げると、以下のようなことですね。

  • 片側にのみ脚を組む
  • 電車待ちなどの時、片脚に体重を乗せる
  • 椅子に座っている時、顎を手に乗せるような姿勢をとる
  • デスクワーク時、パソコンを置く位置が左右に偏っている
  • 壁にもたれて立つことがある
  • トレーニング時、動きに左右差がある
  • 片側の肩や手に鞄を持つ など

本当にちょっとしたことで骨盤は歪んでしまいます。

ですので、上記のようなことに身に覚えがあれば、ほとんどの方は骨盤が歪んでいるはずですね。

そもそも骨盤が歪むとは?

そして、あわせて知っておいてほしいことは、「骨盤が歪む」とはどういう状態なのかということです。

基本的に“骨盤そのものは歪まない”んですね。骨盤の構造は、以下の通りです。

これは後方から見た骨盤ですが、左右の大きな骨2枚と真ん中の1枚の骨で構成されています。

骨盤は非常に硬い構造をして、骨盤そのものが歪むということはほぼありません。

見た目として骨盤が歪んで見えるような姿勢は、周辺にある筋肉の緊張のバランスが崩れているために起こっているんですね。

もう1度、こちらの姿勢をご覧ください。

この姿勢で言えば、

  • 左の骨盤が持ちあがり高くなっている
  • このとき、左側の腰辺りの筋肉がストレスを受けて硬くなる

ということが起こっています。つまり、骨盤周辺の筋肉が硬くなることで骨盤が歪んでいるように見えているということです。

こういう場合は、左側の腰辺りの筋肉を柔らかい状態に緩めることで、骨盤の高さを整えることができます。

ですので、骨盤の歪みを整えて脚やせを目指す場合、

骨盤周辺の硬くなっている筋肉を柔らかく緩め、自然な状態に直すこと

が重要になります。

そうすると骨盤の歪みは改善し、体重を左右均等になり、脚にかかるストレスも軽減できるというわけです。

では、具体的にどのようなことをすれば、歪んだ骨盤を整えることができるのでしょうか?

 

骨盤矯正して脚やせする方法①:ストレッチを行う

まず最初に行うことは、ストレッチで骨盤周辺の筋肉を緩めることです。

1、脚の中央部に前屈をする

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先も軽く開く
  2. 体重を足裏全体に乗せる
  3. 軽く膝を曲げ、身体を前屈させる
  4. このとき、左右に偏らないように脚の中央部にお辞儀する
  5. 軽く弾むように前屈を続け、これを1分間行う

2、左右が出ないように後屈をする

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先も軽く開く
  2. 体重を足裏全体に乗せる
  3. へそ辺りを前に突き出すように、軽く身体を後方に倒す
  4. このとき、腰や前ももが張らないように注意する
  5. 身体の中央部に身体を倒し、小さく弾む
  6. これを1分間行う

3、側屈をして軽く弾む

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先も軽く開く
  2. 体重を足裏全体に乗せる
  3. 片側に骨盤をスライドさせる
  4. 逆方向に身体を倒し、側屈をする
  5. 体側を気持ち良く伸ばし、その状態で小さく弾む
  6. これを左右各1分間行う

このときポイントがあって、どちらかに倒したとき硬くて倒しづらい方が出てくると思います。

硬い方の時間を少し長くし、左右同じように柔らかくなるまで繰り返します。そうすると、骨盤をより整えることができます。

4、片側へ身体を軽く捻る

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先も軽く開く
  2. 体重を足裏全体に乗せる
  3. 片側に体重移動し、同時に身体を軽く捻る
  4. このとき、口から息を吐いてリラックスする
  5. 体重を真ん中に戻し、再度同じ方向に身体を捻る
  6. これを左右各1分間行う

これも先ほどと同様、硬く感じる方の時間を伸ばし、左右差をなくすように行っていきます。

5、しゃがみ込みを行う

そして、もう1つ行ってほしいのがしゃがみ込みです。

この方法は「【実証】太ももの外側が太い&張り出す原因と細く改善する3つの方法」の中で紹介しているので、こちらを参考に実践してみてください。

ここまでの流れで、ある程度骨盤の歪みは改善できるはずですね。

 

骨盤矯正して脚やせする方法②:仙腸関節を整える

そして、次に行ってほしいことが仙腸関節と言われる、骨盤にある関節を整えることですね。

仙腸関節を整えるとき、先ほどもお伝えしましたが、おそらく動きの左右差が出てくると思います。

この左右差をなくすように、左右の時間調節をしてもらうことで、より骨盤を整えることができます。

仙腸関節を整える方法は、以下の通りです。

お尻歩きを行う

お尻歩きの方法は「お尻歩きのやり方と実践することで得られる6つの効果」で紹介しているので、こちらをご覧ください。

仰向けで調整を行う

仰向けでできる調整法は、「【徹底解説】腰回りにお肉がつく原因と落とす6つの方法」で紹介しているので、こちらを参考にどうぞ。

仙腸関節に触れて整える方法

仕事中などにできる方法は「【徹底解説】尻薄&お尻が小さい原因とヒップアップする6つの方法」の中で解説しています。

このように、さまざまな方法で仙腸関節を整えることができると、より歪んだ骨盤を整えることができます。

 

骨盤矯正して脚やせする方法③:エクササイズを行う

そして、より骨盤を整えるために以下の2つのエクササイズも行っていきます。

1、軽くしゃがんで立ちあがる

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先も軽く開く
  2. 体重を足裏全体に乗せる
  3. 真下に5cm程度しゃがむ
  4. このとき、頭の中で骨盤が軽く開くイメージを持つ
  5. そこから、お尻を軽く締めるように立ちあがる
  6. このとき、骨盤を締めるイメージで立ちあがる
  7. これを20回行う

2、軽くお辞儀をして立ちあがる

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先も軽く開く
  2. 体重を足裏全体に乗せる
  3. 軽く膝を曲げながらお辞儀をする
  4. このとき、頭の中で骨盤が軽く開くイメージを持つ
  5. そこから、お尻を軽く締めるように立ちあがる
  6. このとき、骨盤を締めるイメージで立ちあがる
  7. これを20回行う

このように、骨盤を開閉させるようなイメージでエクササイズを行うことで、より骨盤を整えることができます。

股関節を整える

そして、骨盤を整えることとあわせて股関節を整えると、より脚やせすることができます。

この方法は「【徹底解説】膝上(横)にお肉が乗る原因と落とす5つの方法」で紹介しています。

産後の方は骨盤を締める

もし産後で骨盤が開いている方は、あわせて骨盤を締めるトレーニングなどを行えばより脚やせできます。

具体的な方法は「産後の方必見!下半身太りする原因と脚やせ&お腹痩せする6つの方法」や以下の動画で紹介しているので、こちらを参考にどうぞ。

また、Twitterで紹介した方法も効果的なので、よかったら参考にしてみてください。

 

骨盤矯正して脚やせする方法④:姿勢や動作を改善する

歪んだ骨盤は、上記の流れで整えることができますが、骨盤が歪まないためには日頃の姿勢や動作の改善も必須です。

改善方法は、以下の記事で紹介しているので参考に実践してみてください。

座り方の改善方法

座り方については「正しい座り方は疲れる⁈正しい座り方を習得する4ステップ」で詳しく解説しています。

立ち方の改善方法

立ち方については「正しい立ち方とは?立ち姿勢を習得する4つの方法」で詳しく解説しています。

歩き方の改善方法

歩き方については「トレーナーが現場で指導する「正しい歩き方」の4つの習得方法」で詳しく解説しています。

階段の上り下り

階段の上り下りについては「脚やせにも重要!階段の上り下りをスムーズに行う2つのポイント」で詳しく解説しています。

ここまでの流れができてもなお「脚が太い…」と感じる方は、骨盤の歪みとは別の問題が考えられます。

その他の脚やせ方法は、以下の記事にまとめているので、こちらを参考に実践してみてください。

また、ダイエット方法については「【完全版】ダイエットの基礎知識や方法・成功例のまとめ」でお伝えしているので、こちらも参考にどうぞ。

こういった一連の流れができると、今悩む脚は細くできるので、ぜひできることから実践してみてください。

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

▼パーソナルトレーニング
の無料体験やレッスンお申込はこちら


 
IDEALSTYLEでは、お身体の悩みを改善するためのヒントをお伝えするために、パーソナルトレーニングの無料体験を行っています。

「何をしても変わらない」「どうすれば変わるんだろう...」そんな悩みを改善する“きっかけ”をご提供できればと思っています。

無料体験をご希望の方や身体の悩みを改善したい方は、お気軽にご相談ください。

IDEALSTYLEについて
無料体験のお申込はこちら
出張パーソナルのお申込はこちら
オンラインパーソナルのお申込はこちら
【毎月限定1名】モニター募集について

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*