筋トレすると眠くなる原因と5つの対処方法をトレーナーが解説


 

著者:伊藤 出パーソナルトレーナー / IDEALSTYLE代表

パーソナルトレーナー歴11年|元三笠宮寛仁親王殿下のパーソナルトレーナーであった魚住廣信名誉教授に師事|指導経歴:宝塚歌劇団員・三菱重工神戸野球部員・ボクシングミニマム級5位など|アスリートフードマイスター&元板前。

TwitterYouTube無料体験のお申込        
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

筋トレ後や翌日に眠くなるのは、さまざまな原因がありますが、身体としては自然な反応かもしれません。

ただ、栄養不足なども関係しているため、あまりにひどい眠気の場合は適切な対策をとることが必要になりそうです。

この記事では、

  • 筋トレ後に眠くなる原因
  • 眠くなったときの対処方法

などを解説します。

 

筋トレ後に眠くなる原因

考えられる原因は、以下の通りです。

副交感神経が優位になる

まず考えられることは、副交感神経が優位になるからということです。

適度な筋トレを行うと、

  • 一時的に交感神経が優位になる
  • その後、反動で副交感神経が優位になってリラックスする

という自律神経のバランスに変動が起こります。

そうすると、身体はリラックスして眠気が起こることがあります。筋トレ後の眠気はこういった反応によるものが多いですね。

成長ホルモンが分泌される

筋肉をつけるような筋トレをすれば、筋トレ後に成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは、寝ているタイミングでも分泌されることから、睡眠と関係がある可能性があります。

ですので、成長ホルモンが分泌されることで眠気に襲われている可能性もあるんですね。

オーバーワークになっている

これは実際に僕が経験したことで、オーバーワークやオーバートレーニングになっていると筋トレ後は強い眠気に襲われます。

単純に疲労困憊状態ですので、身体を休めようとする自然な反応です。あまりに強い眠気に襲われる方は、筋トレをやりすぎかもしれません。

もしあまりに身体がだるいなどの症状がある方は、以下の記事も参考にしてみてください。

体温上昇→一気に下がる

もう1つの原因は、

  • 筋トレで体温が急上昇
  • 筋トレ後に、ゆっくり体温が低下する

こういった体温の上下によって起こる眠気です。

人間の身体は、上がった体温が下がるタイミングで眠気が出るため、こういった体温の上下動も関係している可能性があります。

糖質の不足

ここからは栄養面の原因ですが、糖質不足になっていると眠気が強く出ることがあります。

体内で起こる反応としては、

  • 筋トレで糖質を使う
  • 体内の糖質が不足した状態になる
  • 栄養補給が適切にされない
  • 体内のエネルギーを節約するために行動を制限しようとする
  • その反応として眠気が強くなる

こういったことが考えられます。

食事量が少ない方は、筋トレ後などに食事を摂れば眠気は収まるはずですね。

BCAAの不足

そしてもう1つの原因は、BCAAというアミノ酸不足です。BCAAについては、「BCAAの効果・飲み方・タイミングを解説【筋トレする人におすすめ】」で解説しています。

体内では、

  • セロトニンというアミノ酸=リラックス作用
  • BCAA=集中力を維持する(適度な興奮)作用

この2つの物質がバランスを取り合っている状態が自然です。

もし体内のBCAAが不足すると、リラックス作用が強くなるため、BCAA不足で眠くなることがあります。

では、こういった原因で筋トレ後に眠くなったとき、どのように対処すればいいのでしょうか?

 

筋トレ後に眠くなったときの5つの対処方法

筋トレ後などに眠くなったときは、以下の対処方法が効果的です。

①10分間程度でもいいので仮眠する

時間があればもっと長くてもいいと思いますが、あまりに眠い場合は、一度仮眠すれば眠気がおさまるはずです。

これで筋トレ後に起こる眠気がおさまれば、

  • 自律神経のバランスの変動
  • 成長ホルモンの分泌
  • 体温の上下動

などが関連していることが考えられるため、対応としては仮眠のみでOKです。

②トレーニングを一定期間休む

もし強い眠気に襲われ続ける方は、一度筋トレを休んでしまった方がいいかもしれません。

眠気がおさまるまで休み、それと同時におそらく体調も良くなると思います。こういう方は、筋トレのやりすぎです。

「筋トレを休んでもいいの?」と不安な方は、「【徹底解説】大胸筋が大きくならない原因と大きくする5つの方法」でお伝えしている“頻度”をご覧ください。

1週間ぐらいであれば筋力は低下しないので、安心して休んでもらってOKですね。

③筋トレ前にBCAAを摂っておく

もし栄養の問題がある方は、ここからの3つが対処方法になります。

まずはBCAAが不足している方は、まず、

筋トレ30分ぐらい前に、BCAAをプロテインやサプリなどで摂取する

ようにしてみてください。これだけで眠気も改善しますし、筋トレ中の集中力も変わります。

これはわりとすぐに実感ができるので、まだプロテインやサプリなどを摂っていない方にはおすすめですね。

プロテインについては「【筋トレ】筋肥大したい方におすすめのプロテイン5選」で詳しく解説しています。

④筋トレ中に糖分をドリンクなどで補給する

もしハードな筋トレをする方は、筋トレ中に糖質を摂れば眠気を改善出来ます。

人間の身体は体内に溜め込めるエネルギー量に限りがあるため、こまめに補給すれば糖質不足を防げます。

スポーツドリンクを活用してもいいですし、以下のようなものを水に溶いて飲むのもありですね。

これは比較的安く、1杯120円前後で500ml分用意できます。

こういったドリンクなどをうまく活用して高強度の筋トレを行えば、今まで感じていた眠気も改善できると思います。

⑤筋トレ後に栄養補給(食事)をする

筋トレ後、できるだけ早い段階で食事や栄養補給をすれば、筋肉もつけやすくなりますし、疲労回復にもなります。

食事が摂れる方は食事を摂り、食事が苦手な方は、まずプロテインだけでも良いので糖質やBCAAなどの栄養補給をします。

こういった栄養補給も眠気改善のためには重要ですね。おすすめのプロテインは「【筋トレ】筋肥大したい方におすすめのプロテイン5選」で紹介しています。

このように、

  • 仮眠をとる
  • 身体を休める
  • 筋トレ前にBCAAを飲む
  • 筋トレ中に糖質を補給する
  • 筋トレ後に栄養補給をする

などのことができると、今悩む筋トレ後の眠気は改善できるので、ぜひ参考に実践してみてください。

ちなみに、疲労回復を早める方法などは以下の記事で紹介しているので、合わせて参考にどうぞ。

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

▼3名限定のモニター募集中!


 
この度、「身心調整 出」というパーソナルケアコースを創設しました。身体調整で筋肉を緩め、身体を変えていく。ただ、鍛えるだけでは見られない変化を実感していただきます。  

今回は期間限定で【3名の方】をモニター募集し、通常料金よりもお安くモニター価格でセッションを受けることができます

詳しい概要などは、以下のリンク先で解説しているので、ご興味ある方はこちらからご覧、お申し込みください。

【3名限定】「身体調整 出」の3ヶ月間モニター募集要項
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*